読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TanaLife

リラックスして。楽しんで。

次の試合は町田ゼルビアが横浜FCのメッキを剥がす vs 横浜FC (2017 第8節 プレビュー)

町田の各地で咲く美しい桜はご覧になっただろうか。そして数的不利の雨の中で大逆転劇を見せた漢たちの勇姿をご覧になっただろうか。町田ゼルビアは前節アウェイにて1-3でアビスパに勝利した。ゼルビスタはTwitterなどで大いに盛り上がった。久々に嬉しい気持ちで1週間を過ごせた。何度見ても興奮する。皆さんもう一度アビスパ戦のゴールを見て横浜FC戦に挑みましょう。今週の話題はまず中村祐也(31)が誕生日を迎えた。おめでとうございます。レッズユース出身の中村祐也は、ゼルビア2年目の昨年は19試合で11ゴールを挙げ、孝司、祐希とともに勝利に大きく貢献した非凡な才能を持つアタッカーだ。役割上どうしても怪我を負う場面が多く、現在も夏場の復帰を目指して療養中だ。この3人が揃ったゲームを見たい。焦らずしっかりと怪我を治して戻って来てほしい。今年は本当に苦しい1年だ。怪我人が多いゼルビアはチームの総合力を試されている。次の横浜FC戦も厳しい闘いが待ち受けていることだろう。横浜FCは昨シーズン、ゼルビアに続く8位で近年では中々の成績だった。とりわけ得点源となった大型FWイバの加入が大きい。今年もイバがエースとなりチームを牽引する。また補強も今のところ的確で昨年のバージョンアップを図る。右MFのジョン・チュングンが好調の様だ。前節の京都戦で途中からFWに配置して攻撃を活性化させ勝利に貢献した。ヤザーや重松がポジションの駆け引きに勝てるか注目だ。CBはゼルビアから「キャラ」ことカルフィン・ヨン・ア・ピンを獲得。セットプレーからの失点が多い横浜FCにとっては大きい。7試合で失点4と結果にも出ている。各ポジションに個の能力が高い選手が揃いはじめた横浜FC。現在順位も4位と好調。だがここでゼルビアがメッキを剥がしてみせよう。これまで勝ってきたチームは調子悪いチームばかりじゃないか。果敢に挑むゼルビアなら勝利できる!まずイバのマークは徹底したい。深津はラインコントロールとイバのマークに大忙しとなるだろうが頑張ってほしい。イバは3点取っているが、その内2点はPKだ。大丈夫だ守れる。その他のアタッカー陣の対応は、いつもの通りハンジェを中心としたMF陣のゲームコントロールが鍵を握っている。横浜FCは攻撃回数が少ない。中盤でミスしない限り失点しないはずだ。守備力に関して、被攻撃回数が少ない様だがそれも相手が良かっただけの話。ハイプレスで相手にサッカーをさせず、キャラを上手く外に誘い出しゴールを奪おう。400試合出場の花束贈呈がある中島祐希が次のゲームでも決めてくれるはずだ。僕とタオルマフラーは残念ながら参戦できなさそうだが、熱き50歳のオッサンゼルビスタがセーラー服やランドセル姿でゲームを最高に盛り上げてくれるだろう。連勝できるチームは残留できる。頑張れゼルビア!さあ次こそ開幕だ!!(続く→)

広告を非表示にする