読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TanaLife

リラックスして。楽しんで。

ヨガ ずぼらでオーケー2 ねじりのポーズ(イスVer.)

f:id:TanaLife:20170425173801j:plain
出典:atpress

はじめに

気軽にヨガを始める、続けるのにおススメの本『ずぼらヨガ』を買ってみました。
その本に登場するポーズについて学びたいと思います。

今日は「ねじりのポーズ」についてです。背骨周りをねじってほぐします。
ではさっそく調べていきたいと思います。

ねじりのポーズ 背筋を伸ばしてねじる

ねじりのポーズは座りながら背中をねじるポーズです。

このポーズは椅子に座りながらできます。
椅子に座りながら行うやり方の動画がけっこう投稿されていました。

ヨガでねじる(ツイストする)ことは王道のようで、ねじりのポーズも有名なポーズのため椅子を使ったヨガでもよく行うみたいですね。

椅子があればいつでもできますね!
手や足の位置は楽な箇所に置いて大丈夫です。

ヨガをはじめていない頃もデスクワークの合間に背中をねじっていました。ねじると気持ちいいですからね。

ただねじるだけでなく、効果を高めるポイントは2つです。

1つ目は深呼吸して20秒ほどキープを行うこと。呼吸のコントロールがリラックスにつながります。

そして2つ目は背筋を真っすぐにしてねじることです。

吐く息に合わせて身体がゆっくりとねじれていくのが気持ちいいです。

片側のねじりが終わったら息を吐きながら反対側に1度軽くねじりましょう。
カウンターポーズと言って効果を高めたり、身体の調整を行います。

注意ポイントは首をねじるのではなく胴体をねじるポーズであることです。

ねじりのポーズは背骨をストレッチし、内臓がマッサージされることで活性化するなどの効果があります。

  • お腹・背中・ウエスト・お尻のシェイプアップ
  • 内臓機能の調整/促進
  • リラックス効果
  • 軽い腰痛の改善

背中に痛みなどある場合は行わないようにしましょう。

おわりに

ずぼらでオーケーなポーズシリーズとしてねじりのポーズについて学びました。

椅子に座りながらできるのでこちらもお手軽なポーズですね。
深呼吸しながら少しずつねじれていくのが楽しくなります。
痛くなるまでやらずに気持ちがいいポイントで行いましょう。

ちなみにねじりのポーズは地面に座りながらでも可能です。
こちらは以前「背骨を半分ねじるポーズ」として紹介したのでよかったらご覧ください。

こちらもマットはいりませんし、足を伸ばしたりしてやれるお手軽なポーズです。

『ずぼらヨガ』著者の崎田ミナさんのWEBコラムにもねじりのポーズがありました。

中尾彬かいっw

皆さまのアドバイスをいただけましたら幸いです。

それでは、自分の呼吸を感じて。ありがとうございました。

 

広告を非表示にする