TanaLife

リラックスして。楽しんで。

ヨガ ずぼらでオーケー1 猫と牛のポーズ

f:id:TanaLife:20170425173801j:plain
出典:atpress

はじめに

気になっていたヨガのイラストエッセイ本『ずぼらヨガ』を購入しました。

気軽にできそうなポーズが15個ほど載っていて、ヨガを始める、続けるにはとても良い本と思います。ヨガって抵抗感あるなという方に是非見てもらいたいです。

今回からこの『ずぼらヨガ』に登場したポーズを学んでいきたいと思います。

はじめに背中がスッキリする「猫と牛のポーズ」についてです。

猫と牛のポーズ 四つん這いで上半身を上げ下げ

猫と牛のポーズは四つん這いの状態で呼吸に合わせて2つのポーズを行います。

「猫のポーズ」(ビダラーサナ/マルジャリャーサナ)で息を吐いて背中を上げて丸めます。「牛のポーズ」(ビティラーサナ)で息を吸いお腹を下ろします。

この2つのポーズをセットで猫のポーズと言っても良いようです。にゃんこリスペクトの方は猫のポーズと呼びましょう。

その他の細かいポイントなどはこちらの動画を参考にしてください。

簡単そうですね!

特にヨガマットはいらないです。固い床の場合でもバスタオルとかを敷けば大丈夫です。

また、呼吸に合わせて動くのではなく、5呼吸ごとに動くやり方でも大丈夫です。

慣れるまではこちらの方が簡単でしょう。慣れたら数セット行いましょう。

お腹を下ろす際に無理に背中を反らしたり、首を上げ過ぎないことが注意ポイントです。

背中がほぐれて気持ちいいポーズですね。上半身の前後のストレッチやリラックス効果があります。

  • 背中やおなか、お尻などのストレッチ
  • 自律神経のバランスの調整
  • 肩こりや腰痛の改善

また腕の筋力にも効果があらわれるので、力が弱くて板のポーズなどが難しいと言う方は、猫と牛のポーズの練習をするのがおススメです。

自律神経って何じゃあ、と言う方は『ずぼらヨガ』に分かりやすく説明が載っているので読んでみると良いですよ。

おわりに

ずぼらでオーケーなポーズの第一弾として猫と牛のポーズについて学びました。

深呼吸がやり易い上にお手軽にできるまさにお手軽なポーズですね。

マットがいらなくて、ふとした合間にできるのでとてもおススメです。
(気軽にできますが食後すぐに行うのは避けてくださいね)

皆さまのアドバイスをいただけましたら幸いです。

それでは、自分の呼吸を感じて。ありがとうございました。

 

広告を非表示にする