TanaLife

リラックスして。楽しんで。

ヨガ 太陽礼拝ポーズを個別に学ぶ1 山のポーズ

はじめに

太陽礼拝の効果を高めるため、1つ1つのポーズについて勉強しています。
今日は「山のポーズ」(ターダアーサナ)です。さっそく調べていきたいと思います。

山のポーズ 足を平行にしてまっすぐ立つ

山のポーズは太陽礼拝では最初や最後に行うポーズですね。

足を平行に揃えてまっすぐに立つのが基本だと思いますが、下記サイトで詳しく説明していました。

立ってるだけ?あなどってはいけないタダーサナの効果とポイント | ヨガと自分探求のための知恵と術 - TULA

【動画あり】ヨガの基本のポーズ「山のポーズ(ターダアーサナ)」 | ヨガ・ピラティス・ストレッチ資格のマナビバ 動画で学び、資格が取れる、美容・健康業界で先生になるためのスクール

山のポーズもヨガの基本だそうです。
どちらのサイトも立っているだけで簡単なように思えて突き詰めると難しいポーズと説明しています。なんかヨガっぽい!(ヨガだろ!)

太陽礼拝の最後に行うときなんかは、終わったーって気持ちになってあまり意識して立てていなかったかも。

足だけ平行になるよう気をつけていましたが、モモ、お腹、肩、そして頭と気をつけるべきポイントが結構あり大変そうな印象です。

山のポーズをすることによって以下の効果があるようです。

  • シェイプアップ:お尻、お腹、胸
  • 立ち位置の矯正
  • リラクゼーション効果

これらを意識して行ってみます!

練習方法 個別練習せず太陽礼拝の中で課題を実施

山のポーズは基本中の基本と言うことで、意識して取り組みたいですが…
ちょっと初心者には面白くない!地味で実は難しいと言うのが!

でも太陽礼拝はいつもやっているのですから、ここは個別練習ではなく太陽礼拝の山のポーズのときにポイントを1つずつ意識して、いつの間にかできるようになったぜ作戦でいくことに決めました。

ポイントは5ステップくらいに分けて、自信がついたら次に進みます。

①足:平行、指を広げる、しっかり踏む
②身体を一本線にして立つ
③モモの引き締め、膝を軽く上げる
④お尻を引き締める、突き出さない
⑤肩を揃える、顎は後ろに引く

もっと分かってきたらこのステップも改修していこう。

おわりに

山のポーズ。個別にやるとしたら初心者はモチベーション下がると思いますね~。
それでも基本と言うことで、ちゃんと学んでいくために太陽礼拝やりながらできるようになってく作戦を考えました。

この作戦は初心者にきっと合ってます。

この調子で他の太陽礼拝ポーズも、より良い効果を得られるように学んでいきたいと思います。

皆さまのアドバイスをいただけましたら幸いです。


それでは、自分の呼吸を感じて。ありがとうございました。

広告を非表示にする