TanaLife

リラックスして。楽しんで。

シヴァナンダヨガの太陽礼拝ポーズ3 コブラのポーズ

はじめに

シヴァナンダヨガの太陽礼拝で登場する個別ポーズについて学びたいと思います。

今日は上向きの犬のポーズの代わりに行うコブラのポーズ」(ブジャンガ・アーサナ)についてです。さっそく調べていきたいと思います。

コブラのポーズ 背中の力でもちあげる

以前に上向きの犬のポーズを学ぶ際、コブラのポーズとの違いを調べました。

上向きの犬のポーズは腰に負荷をかけずに腕を使い上半身を起こすやりかたでした。
一方コブラのポーズ腕の力をあまり使わずに背中の力で上半身を起こすようです。

肩は耳から遠ざけるイメージのようです。
注意ポイントは腰から上半身を曲げないことです。

コブラのポーズができない、腰が痛いときのコツと効果

間違ったやり方は腰を痛めますので注意しましょう。

効果はやはり主に背中に表れます。シヴァナンダヨガでは腕や肩の強化よりも背中の柔軟性を高めるポーズが多いようです。

  • 背中シェイプアップ
  • バストアップ
  • 猫背、腰痛予防

記事によって便秘改善などの効果も書かれていました。ぜひとも正しいやり方で行いたいですね。

練習方法 腰を痛めずに行うコツの動画を参考にする

上向きの犬のポーズで書いたのと同様に、腰を痛めない方法を覚える必要があります。やはり最初はスフィンクスのポーズで練習するのが良さそうです。

また、焼津アイターンパパさん (id:shin_taro_324)より教えていただいたヨガ参考動画の先生が、痛めないコツを詳しく説明してくれています。

背骨を伸ばすようにするのですね。足の指or甲で地面を押すようすることや、背中を意識する、胸をはるなどけっこうポイントが多いですが、しっかりできるようになって腰を守りましょう。

また、同じ先生がブログでコブラ→ダウンドッグの流れが難しいとの質問に対して説明していました。

太陽礼拝でちょっと気付いた事|目白 身体が硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ

腹筋の引き込みが大切だとのことです。勉強になります。
教えてくださった焼津アイターンパパさん、ありがとうございました。

おわりに

シヴァナンダヨガの太陽礼拝に出てくるコブラのポーズについて学びました。

八点のポーズに続き背中を意識するポーズでした。繰り返しになりますが、腰を痛めるとヨガが楽しくなくなるので皆さんも腰には気をつけながら行いましょう。

皆さまのアドバイスをいただけましたら幸いです。

それでは、自分の呼吸を感じて。ありがとうございました。

広告を非表示にする